2005年07月16日

あまり美味しそうには見えませんが・・・。

非常食
速攻魔法 BE2-JP150
このカードを除く自分フィールド上の魔法または罠カードを墓地へ送る。
墓地へ送ったカード1枚につき、自分は1000ライフポイント回復する。

発売当初は、除去カードにチェーンしてライフアドを得るくらいしか使い道がなかったカードですが、その後多くのカードの登場によって一気に活躍の場を広げ、準制限にまで名を連ねるようになった言わば、大出世カードです。
主な使い道を下に挙げてみましょう。

@やりくりターボ
ゴブリンのやりくり上手は、墓地にある同名カード+1枚をドローする効果を持っているので、発動時にチェーンしてこのカードで処理前に墓地に送ってしまうことで、最大で6枚(3枚×2)のカードをドローすることが出来ます。
当然、回復効果も出ますので、かなり相性は良いと言えるでしょう。

Aエクトスイッチ
エクトプラズマーは、自分と相手双方に効果を及ぼします。
相手だけ、モンスターを無駄死にさせたいなら、是非このカードを併用させたいです。
エクトプラズマーにはダメージ効果がある為、このカードの回復効果との相性も抜群。
とりあえず、エクトデッキを組む際には、入れておいて損の無いカードです。

Bお触れスイッチ
こちらは、私のスキドレスイッチで実証済みの使い方。
王宮のお触れを、自分の好きなタイミングで張ったり食べたりすることで、相手の計算を狂わせる、何とも厭らしい使い方です。
詳細に関しては、過去のブログをどうぞw

Cフィフ
フィフデッキとは、攻撃と守備を半々で使い分けるデッキ。
優勢の時は、攻撃モンスターでバシバシ叩いていき、劣勢の時は、ロックカードからステルスバード等でチクチクダメージを与えます。
その劣勢時に張った、網やB地区等を食べて、攻撃シフトに切り替えるのが、フィフデッキでの使い方。
こちらも、主に相手の計算を狂わせるのが目的です。
目まぐるしく変わる展開に、相手がどこまでついて来れるか、楽しみですねw

以上が、主な使い道ですね。
基本的に、このカードはコンボを前提として使われるもの。
くれぐれも、本当に非常時に苦し紛れに使うようなことが無いように、気をつけましょうw
あくまで、単体ではアド−1なのですから。
posted by シルビア at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

補足トリビア(?)

さてさて、炸裂アロマに続いてマイブーム気味なスキドレスイッチ。
昨日は、時間の関係で中途半端な考察になってしまいましたので、今日はその補足を少々。

まずは、デュエルを複雑化することによる利点から。
一般的なスキドレデッキの様な単調な攻撃は、相手にとっても対処しやすいもの。
例えば、激流葬やミラーフォースを仕掛けるタイミング等、これは上級者になればなるほど明確に見えてしまいます。

これを回避する為に入れているのが、王宮のお触れ。
例えば・・・、スキルドレインを張ったはいいけれど、相手フィールド上に高攻撃力モンスターが出てしまい太刀打ち出来ない場合。
一般的なスキドレデッキでは、ガンナードラゴン待ちとなってしまい、それまでに押し切られてしまうことが多くなります。
ところが、このデッキの場合、王宮のお触れによって一時的にスキルドレインの効果を無くすことによって、同族感染ウィルスや異次元の女戦士、サウサク等で的確に除去していけるのです。
また、王宮のお触れが無い場合でも、メタリフ等で危機を逃れることも可能。
SASUKEや異次元の女戦士等に潰される心配の無い、このスライムは意外と強固です。
そして、返しのターンにエンドドラゴンの痛い一撃を決めてあげましょうw

と、まあこんな感じで、スイッチを切り替えることで、相手にとって予想もしえない展開を作り出せるというのが、このデッキの特徴。
実は、非常食の使い方如何で、更に高度なプレイングも可能になりますが、それは実際にこのデッキを作った人のお楽しみということにしておきますw

もう一つ、補足・・・と言うか、このデッキの魅力を。
このスキドレスイッチは、お気づきの方も多いとは思いますが、非常にコンボ性が高いです。
普通、コンボ性の高いデッキは事故が起こりやすいのが特徴。
しかし、このデッキの場合、意外にも事故率は、そう高くありません。
何故でしょうか?

その答えは、コンボに特化しすぎているため。
例えば・・・
ネフティスの導き手→スケープ・ゴート、メタリフ(計5枚)
メタリフ→ネフティスの導き手、突然変異、スキルドレイン(計7枚)
ガンナードラゴン→スキルドレイン、突然変異(計6枚)
非常食→王宮のお触れ、スキルドレイン、サウサク(突然変異)、ゴブリンのやりくり上手(計7枚以上)等・・・。
このように、一つのカードでも汎用性の高いものばかりを採用し、どの組み合わせで手札に来ても、事故の起こりにくい構成となっているのです。

そして、これらを主に支えているのが、突然変異。
突然変異は、言わば隠れたキーカード。
必須系を除く、殆どのモンスターカードから、羊トークン、果てはメタリフまで、このデッキではほぼ全てのモンスターに突然変異が有効となっています。
核心をついてしまえば、突然変異の発動に合わせてスイッチを切り替えるというのが、このデッキの本質です。

一撃必殺を狙うもよし、守備固めでキーカードを揃えるもよし・・・様々な展開に持ち込めるからこそ、プレイヤーの質が問われるデッキ。
シルビアには少々荷が重い気もしますが、何とかマスターしていきたい今日この頃ですw
posted by シルビア at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

スキドレスイッチ

モンスター(11)
ネフティスの鳳凰神
可変機獣 ガンナードラゴン×2
怒れる類人猿×2
同族感染ウィルス
異次元の女戦士
ならず者傭兵部隊
クリッター
ネフティスの導き手
キラー・スネーク
魔法(16)
強欲な壷
天使の施し
大嵐
サイクロン
強奪
早すぎた埋葬
抹殺の使徒
ハリケーン
ライトニング・ボルテックス
非常食×2
スケープ・ゴート×2
突然変異×3
罠(13)
リビングデッドの呼び声
ゴブリンのやりくり上手×2
神の宣告×2
王宮のお触れ×2
スキルドレイン×3
メタル・リフレクト・スライム×3

パッと見、スキドレデッキの様に見えますが、このデッキには明らかな矛盾点があります。
上級者の方ならわかると思いますが、それはスキドレのアンチカードである王宮のお触れが入っていること。
本来、相手がスキドレデッキであった場合にサイドから投入すべき王宮のお触れを、こともあろうにこのデッキでは自ら積んでいるのです。

果たしてそれは何故でしょうか?
その大きな理由として、2つ挙げられます。

1つ目は、モンスターとの相性。
王宮のお触れは、スキルドレインとの相性は最悪ですが、スキドレデッキに組み込むような高攻撃力モンスターとの相性は抜群に良いのです。

一般的に、高攻撃力モンスターは戦闘破壊が困難な為、その除去には魔法や罠等に頼らざるをえません。
特に罠カードに関しては、相手が召還したモンスターをそのターンに対処しやすいので、度々迎撃に使われます。
と・・・いうことは、そこを抑えてしまえば、相手はモンスターの除去が間に合わなくなるわけです。

平たく言えば、簡易ショッカーを作り出してしまおうということ。
相手の迎撃の手を潰してから攻撃することで、確実に場アドを取りに行けるのです。
どうですか?相性の良さが窺えますよね?

加えてもう1つ、大きな理由として挙げられるのが、デュエルの柔軟性。
スキルドレインのみに特化したデッキの場合、攻守に尖がったモンスターを多く使う為、プレイングが単調になりやすいです。
それはつまり、相手にとっても次の手が見えることから、対策が取りやすくなることを意味します。
これに対して王宮のお触れを入れて、スキルドレインのオンオフを切り替えることで、相手に先の展開を読まれにくくすると同時に、より相手を翻弄しやすくなります。

スキルドレインと王宮のお触れの相性自体は決して良くはありませんが、それらを上手く切り替えることで、更に対策の取りにくいデッキを作れないかと考えたのが、このスキドレスイッチなのです。
こう言うと、何となく理に適っているような気がしてしまうのが不思議ですねw

しかしながらこのデッキ、ノリで作ったわりには本当に面白い動きをしてくれますww
非常食や王宮のお触れを如何に上手く使うかがポイントなので、地味にプレイングを必要としますが、滅多に作る人がいないタイプのデッキなので、注目を浴びたい目立ちたがり屋さんにはオススメかもしれませんねww
posted by シルビア at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

今が旬!

幻想召喚師
光 魔法使い族 800 900 ★3 DL3-095
リバース:このカード以外のモンスター1体を生け贄に捧げる。
融合モンスターを融合デッキから特殊召喚する。
この融合モンスターはターン終了時に破壊される。

選考会上位者もデッキに入れていることで、注目を集めているカード。
我らがチームシルビアのmasa氏が愛用しているカードでもあります。

CVRで登場した一部の壊れカードによって、融合デッキは一層注目の的となっています。
その中でも、ツインドラゴン、ドラゴン・ウォリアー、ダーク・バルター、サウザンド・アイズ・サクリファイス(以下サウサク)等はダメージソースからアド取りまで、様々な場面で活躍出来る優秀カードです。

これらを有効に活用しようということで、今目をつけられているのが突然変異。
主に、キラー・スネークや羊トークンを生贄にしてサウサクを召還し、場を硬直させつつ確実にアドを奪うことがコンセプトのカードです。
優秀除去が軒並み禁止になっている、今の環境ではサウサクのロック性能はかなり高く、下手すれば5、6ターン平気で居座ります。
その間に手札を稼ぎつつ、場を除去して流れを掴むのが、一般的な変異スタンですね。

しかし、そんな突然変異にも弱点があります。
一つは、単体では役に立たないこと。
これはコンボカードの宿命とも言えますね。
ただ、これに関してはある程度プレイングでカバー出来ます。

実は、これとは別に突然変異には、もう一つ大きな弱点があるのです。
それは、サウサクしか出せないということ。
いや、そんなことないだろう・・・と言う人も多いと思いますが、そう思うなら考えてみてください。
果たして、突然変異でサウサク以外のモンスターを出す確率は如何程でしょうか?
普通にプレイングしていれば、大体1割程度・・・せいぜい3割弱でしょう。

さて、ここで幻想召還師に話を戻します。
幻想召還師は、突然変異と違って、羊トークンからツインドラゴンを出すことも出来ます。
リバースという不確定要素がある分、こちらは状況に合ったモンスターで確実に相手を追い詰めることが出来るのです。

また、相手のターンにリバースすれば、サウサクを召還してそのターンの相手の動きを止めることも出来ます。
融通が効かなそうで、意外と柔軟に働いてくれるんですねww

まあそれでも、媒体がいなければ役に立たない点、抹殺の使徒に弱い点等、大きな弱点もあるので使いにくいことには変わりないですw
ですが、選考会上位者のレベルに少しでも近づきたいなら、こんなカードでプレイングを磨いてみてもいいでしょうね。
posted by シルビア at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ジャイアントキリングも醍醐味w

ヤタロック氏がHPの方で宣伝してくれていたので、便乗してここでも宣伝したいと思いますw

『2005夏 ファンデッキ選手権』

この企画は、シルビアとヤタロックの2人が、それぞれ作った選りすぐりのファンデッキを持ち寄って、最強のファンデッキを決める半期に一度の総決算です。
自己満足的企画なので、若造の暇つぶし程度に考えてくださって結構ですw

大会要綱は以下の通り。

1、出場資格:シルビア及びヤタロックの製作した「ファンデッキ」32個(詳しくは下記URLを参照のこと)
2、大会形式:トーナメント(3位決定戦、負け犬決定戦も行う)
3、試合形式:2本先取のマッチ戦
4、ルール:OCGエキスパートルールに順ずる

その他、例外的なルールとして・・・
@サイドデッキは使用不可。
A基本的にお互いに自分のデッキを使うようにするが、ビルダーが同一の場合はプレイングの難しいデッキをそのビルダーが使用する。
B制限時間は無いが、故意に時間を遅らせる等した場合は蹴りが入る可能性あり。

以上のような形で進行していきます。

トーナメントの為、運の要素が強いので、強いデッキが必ず上位に食い込むとは限りません。
しかし、優勝する為には5回勝たなければならないことを考えると、やはり安定したデッキが有利と思われます。
エントリーデッキの一覧から、優勝デッキ、負け犬デッキを予想してみても面白いかもしれませんねw

尚、結果については、ブログかチームシルビアHPかどちらかで公表したいと考えています。
気が向いたら、覗いてあげてくださいw

チームシルビアHP↓↓↓
http://www.geocities.jp/silvia_team/
エントリーデッキ一覧↓↓↓
http://www.geocities.jp/silvia_team/Fan.htm
posted by シルビア at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(大会あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

やっぱり奈落って大事w

土曜日に、約一ヶ月ぶりに公式大会に出場してきたので、今日はその結果報告を。
大会形式はトーナメントで、参加人数は32人(くらい)でした。

1回戦 対初心者デッキ
ブレイカーの効果で電脳増幅器を目撃した時点で勝負は見えました。
正直、余裕勝ちですw
○○

2回戦 対開闢スタン
相手は一般的な開闢スタン。
故に、私のデッキとかなり似ている部分が多く、稀に見るミラーマッチとなりました。
しかしながら、デッキは強力であっても、相手のプレイングには難が多く、そこを突いて勝ちました。
開闢やツインドラゴンは、そのターンで勝負が決まる場合以外はあまり出さない方がいいですよww
その方みたいに、強奪されたくなければねw
○○

3回戦 対アンデット
どうにもこうにも、引きに差が出すぎました。
相手は、ピンポイントで双子悪魔や神の宣告を引くのに対し、私の双子悪魔は決まってディスティニードロー時。
いやいや、もうライフが残っていませんからww
勿論、負けた理由はそれだけではありませんが、とにかく引きの悪さが印象に残った試合でしたw
××

結果:3回戦負け

まあ、こんなものですよww
いつもいつも決勝までいけるわけないですしw
アンデットに対する対策カードがサイドに少なかったこと等もわかりましたので、いい勉強になりました。
その為の参加費と考えれば、決して高くはないですねw
posted by シルビア at 03:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(大会あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ラリホーマ!!

今日は大会に出場してきましたが、昨日のバイトの疲れもあって激しく眠い為、報告は明日に持ち越しにしたいと思います。
睡眠時間4時間未満じゃ、さすがにこの歳ではやっていけませんよ、とw

ではではそういうことで、皆様おやすみなさいませw
posted by シルビア at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

炸裂アロマ構築日誌(第4日目)

モンスター(13)
霊滅術師 カイクウ×2
魔導戦士 ブレイカー
同族感染ウィルス
異次元の女戦士
ならず者傭兵部隊
黒蠍−罠はずしのクリフ×2
クリッター
サイバーポッド
ステルスバード×2
メタモルポット
魔法(7)
強欲な壷
天使の施し
強奪
大嵐
サイクロン
ハリケーン×2
罠(20)
破壊輪
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
砂塵の大竜巻
死のデッキ破懐ウィルス
王宮の弾圧×2
奈落の落とし穴×2
落とし穴×2
炸裂装甲×3
魔封じの芳香×3
神の宣告×3

改築に改築を重ねて、とりあえず暫定的にではありますが、シルビアの炸裂アロマはとりあえずこの形で落ち着いています。
前回のデッキでは、除去が不十分に感じた為、落とし穴を採用し、また神の宣告も増やしました。
反面、魔封じの芳香によって伏せられた魔法、罠を除去するカードは減りましたが、クリフの強さが尋常ではないので、あまり気にはなりません。

このデッキで、一番のキーとなるのが、神の宣告の使いどころ。
強欲な壷や天使の施しなんかに使っていい代物ではなく、その対象は専らロック崩しです。
王宮のお触れ、サイコ・ショッカー、大嵐、サイクロン、ハリケーン等は、例えライフを4000払っても止めなくてはいけません。

逆に言えば、そこさえ止めてしまえば、後は相手のモンスター切れを待つだけ。
ステルスバードでちくちく攻めてもよし、カイクウで間接的にいたぶってもよし、クリフで伏せられた魔法カードを破壊していってもよしとやりたい放題になります。

戦闘依存の現環境に真っ向から(?)挑んだこのデッキは、何気にロックデッキにも耐性があり、実は弱点と呼べるデッキはあまりありません。
安定して戦えると言うと語弊がありますが、相手に左右されないというのは大きな魅力。

そう、それはつまり後はプレイング次第ということ。
それ故に、負けた時の悔しさは人一倍・・・凹み様は普通のデッキで負けた時の比ではありません。
posted by シルビア at 05:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

定食の漬物のような存在

天使の施し
通常魔法 BE2-JP095
デッキからカードを3枚ドローし、その後手札からカードを2枚捨てる。

まあ、どこからどう考えても強いカードですね。
普通に使っても、単純に手札の入れ替えが出来ますし、キラスネや深淵の暗殺者なんかが手札にあった時は、その脅威は強欲な壷以上のものがあります。
一度、禁止カードにも足を突っ込んだ経緯のあるこのカードは、その強さから必須カードの一員に選ばれています。

「入れた方がいい」なんて言いません。
「持っているなら入れなさい」・・・というより「持っていないなら、あらゆる手を使っても手に入れなさい」。
それだけの価値のあるカードです。

と、前置きはここまで。
こんな強力なカードが、果たして強いかどうかなんて不毛な問いは今更不要です。
誰もが当然のようにデッキに突っ込んでいるからこそ、今考えていきたいのはその「使いどころ」。
そのタイミング一つで、デュエルの流れは大きく変わってしまうのです。

大きく別けて、天使の施しの使いどころは2つ。
「手札に来たら、即使う」か「手札である程度温存してから使う」か、です。

これは、どちらも一長一短。
一概にどちらがいいとは言えません。
出来れば、キラースネークや上級モンスター等を落としたいので、それらのモンスターが来てから使いたいところ。
とは言え、変に温存していたずら好きな双子悪魔なんかで落とされたら、それこそサレンダーものです。
温存するということは、相手が精霊の鏡をセットするチャンスも増えるわけで、危険が増えるのです。

つまり、分かりやすく言うとこういうこと。
「即使う」→天使の施しに依存しない、ある程度妥協したプレイング。
「温存」→天使の施しで勝負をかける、ハイリスクハイリターンなプレイング。
これを念頭においた上で、自分のデッキやプレイングを振り返って使い方を検討してもいいかもしれません。
キラースネークが入っていないデッキなら前者、暗殺者サイクルに依存しているデッキなら後者、という感じでねw

とは言え、いくらデッキスタイルがどうであったとしても、上記の使い方は統計的に見てそうだというだけで、必ずその通りに使うことが正解になるとは限りません。
どんな状況でも、それに応じたプレイングで最良の選択をしてこそ、上級者と呼べます。
「ただ強いカード」で終わるのか、「勝ちに繋げるカード」になるのか、それはあなた次第ですよ?

(ちなみにシルビアは未だ前者ですw)
posted by シルビア at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(プレイング理論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ゴツい方が多い中で・・・w

アマゾネスの射手
地 戦士族 1400 1000 ★4 BE1-JP233
自分のフィールド上モンスター2体を生け贄に捧げる度に、相手ライフに1200ポイントダメージを与える。

とりあえず、イラストは及第点。
女性が多く登場する、SMの中でもかなり上位に来るイラストではないでしょうか?
特にシャープな目つきと、セクシーな太ももには、もうメロメロですw

効果については、キャノンソルジャーの大型版。
飛ばす対象が2体限定と厳しくなった為、与えるダメージも1200に増えています。
それでも、キャノンソルジャーが2体飛ばした場合とダメージは200しか変わらないので、基本的にはキャノンソルジャーの方が小回りが効く分優秀でしょう。

このカードがキャノンソルジャーに勝る点は、そのサーチ性能。
アマゾネスの射手は、キャノンソルジャーと違って戦士族である為、増援や戦士の生還で必要な時に手札に加えることが出来ます。
この手のカードは、必要な時に手札にあることが重要なので、この利点は大きいと言えます。
戦士族や、サポートカードを多く積み込んでいるデッキで、枠が空いて困っているならこんな選択肢もありかもしれません。
最近流行っている、スケープゴートの処理にも使えますしねw

さて、戦士族デッキへ投入も示唆されるこのカードですが、他にも相性のいいデッキが存在します。
それは、スキルドレインデッキ。
スキルドレインで無効化されるのは、フィールド上の表側表示モンスターの効果なので、墓地に落ちたタイミングで効果が発動するこのカードは、スキルドレインの干渉を受けません。
また、スキルドレインは一般的に戦士族と相性が良く、増援等を組み込むことも多いので、1枚入れておいてピンポイントで引けるようにしておくと何かと役に立ちます。
何より、このカードで止めを刺すとことの他気持ちいいですよ?w

ちなみに、私もスキルドレインデッキを組んでいますが、勿論このカードを採用しています。
時折、必要ないのでは?という意見も耳にしますが、当面は無視してアマゾネスの射手への愛を貫きたいと思いますw
ええ、結局最後は趣味ですよw
所詮ファンデッキなんてそんなもの・・・と言って逃げるシルビアw
posted by シルビア at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。