2005年10月05日

ばよえ〜ん!

今日は、デュエルにおける連鎖について。
デュエルをする上で大切なことは、如何にして自分の流れに持っていくかです。
そして、その為に意識する必要があるのが、連鎖。

連鎖はプレイングと並んで、デュエルにかかせないものです。
しかしながら、この連鎖を自分でも気づかぬうちに使っている人はいるにせよ、これを研究している人はそうそう見かけません。
そこで、連鎖を軽く紹介することで、詳しく研究してくれる人が現れることを願って、簡単ではありますが説明することにしました。
(↑'`ィ(´∀`∩他力本願ですw)

連鎖とは、あるカードを使用することで、後々のカードや場に展開されているカードに間接的に効果を及ぼすこと。
これは、コンボと混同されがちですが、全く別のものです。

コンボは、それらのカードを組み合わせて使うことを前提に、デッキに組み込むこと。
しかし、それらは概して1枚では力不足のことが多いです。
例えば、アロマチェインの魔封じの芳香や魔力の枷も、単体では使いづらいですよね。

これに対し連鎖は、1枚の役割はしっかり果たしておきながら、間接的にその他のカードにも効果を及ぼします。

例えば、マジック・ドレイン。
これは単体で使っても、簡易魔法ストッパーとしての役割はしっかり果たします。
しかしながら、更に効率的に使う方法として、2枚以上続けて使うことが考えられます。

つまりこういうことです。
マジック・ドレイン使用→相手が魔法カードを捨てる→2枚目のマジック・ドレインが通りやすくなる。
マジック・ドレイン使用→相手が魔法カードを捨てない→相手が魔法カードを持っていない可能性が高いので、2枚目のマジック・ドレインが通りやすい。

このように、マジック・ドレインは複数枚使うことで、真価を発揮出来るのです。
これ以外にも、マインドクラッシュで相手の手札を見ることで、次のマインドクラッシュへ繋げやすくすることなども連鎖の一つです。
連鎖を積極的に考えていけば、デッキ構築にも影響を及ぼすのですね。

デッキ構築に連鎖が組み込まれている、典型的な例がガジェットデッキ。
ガジェットデッキは、モンスター切れを起こさないことを前提に組まれたデッキですが、それをサポートしているのが豊富な除去カードです。
つまり、これらのカードを如何にピンポイントで引けるかが、鍵になってきます。
その確率は、単純に運に左右されると思いがちですが、実際はそうではありません。
どういうことでしょうか?

実はガジェットデッキは、ガジェットを積極的にデッキから回収していくことでデッキの回転を早くし、結果として除去カードを引きやすくしているのです。
これは、ガジェットの効果を利用して生まれた連鎖です。
ガジェットデッキが強いと言われる所以は、連鎖を上手く活用している点からも納得出来ますね。

連鎖は、デッキ構築にも、プレイングにも非常に大切なことです。
しかし、これを極めようとすると、かなりの数学力と頭の回転が必要になります。
数字というものから、かれこれ5年以上も離れているシルビアには少々荷が重すぎるので、この辺りで筆を置きたいと思いますw
posted by シルビア at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

カルドセプトのすゝめ

「遊戯王には一息つきたいけど、カードゲームは続けたい。
でも、お金がないんだよなぁ・・・。」
そんなあなたにオススメなゲームを紹介します。

そのゲームの名はカルドセプト。
某ファ○通のクロスレビューでも、シリーズのほぼ全てがプラチナを獲得している折り紙付きのゲームです。

ルールは若干複雑ですが、それは慣れるまでの辛抱。
簡単に話すと、モノポリー(いたストにも近いかな)とカードゲームを掛け合わせたような感じです。
モノポリーをやったことがある人なら、すんなり入りこめるはずです。

簡単に説明しますと・・・。
@空いている土地にクリーチャーを配置。(→領地)
A自分の領地に、他のプレイヤーが止まった時は、土地のレベルに応じて魔力を奪える。
B払いたくない時は、自分のクリーチャーと対決させることで、勝利すれば土地を奪うことが出来る。
こんな感じです。

これに加えて、領地を連鎖させるたりレベルを上げたりすることで、取れる魔力が増えます。
そして、周回ボーナスや相手から奪った魔力を貯めて、先に目標魔力に達してスタート地点に戻ってきたプレイヤーが勝利となります。

と、ここまではモノポリーと酷似していますが、ここにカードゲームの要素が加わることで、無限の戦略が生まれます。
カードの種類自体も480種類以上と豊富なので、このゲームを極めるのには軽く数年はかかるでしょう。

まあ、あまりだらだら話しても漠然としたイメージしか湧かないと思いますので、興味のある方は公式ホームページを覗いてみてくださいペコリ(o_ _)o))
遊戯王等のカードゲームに面白さを感じる人なら、きっとはまると思いますよ。
posted by シルビア at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

マジカルポッド

モンスター(19)
ゴブリン突撃部隊×2
イグザリオン・ユニバース×2
異次元の女戦士
首領・ザルーグ
月読命
ならず者傭兵部隊
番兵ゴーレム×2
クリッター
カオスポッド×3
闇の仮面×2
ミスティックソードマンLV2
聖なる魔術師×2

魔法(12)
強欲な壺
ブラック・ホール
早すぎた埋葬
強奪
大嵐
サイクロン
押収
月の書
抹殺の使徒×2
増援×2

罠(9)
リビングデッドの呼び声
マジカルシルクハット×3
強制脱出装置×3
呪われた棺×2

先に言っておきますが、このデッキはプロトタイプです。
まともに回したことはないので、どういった動きをするかは未知数です。

キーカードはカオスポッドとマジかルシルクハット。
と言うより、今の環境での地雷カードであるこれら2枚を上手く機能するように作ったデッキがこれです。

カオスポッドとマジカルシルクハットには共に、モンスターを裏守備にする効果があるので、考え方を変えればリバース再利用に使えることがわかります。
これを利用すれば、使った直後のマジカルシルクハットを回収なんていう芸当も出来るわけです。
また、この2枚は番兵ゴーレム等のバウンスカードとも相性が抜群なので、相手の場を枯らす方向へ持っていきやすいです。
相手の攻撃が通りにくいことを逆手にとって、手札にバンバン戻してしまいましょう。

そして、それと同時に、ハンデスカードで相手の手札も枯らしていきます。
まあ、ここまで上手くいくかどうかはわかりませんが、バウンスとハンデスのどちらか機能するだけで、相手を翻弄することは出来るでしょう。

強制脱出装置は、バウンス以外にもマジカルシルクハット発動時のキーカード回収にも使えるので、相性抜群です。
状況に応じて使い分けましょう。

ちなみに、採用を見送ったカードとしては、ビッグシールドガードナー、サイバーポッド、メタモルポット、マインドクラッシュ等があります。
このうち、マインドクラッシュに関しては、大いに採用の余地のあるカードだと思いますので、今後調整していくことが必要になりそうです。

何れにしても、今のマジカルシルクハットを持っていないシルビアには、まず収集が第一段階ですので、ここから先の話はそれからですねw
posted by シルビア at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

とりあえず復帰w

タダイマァ♪ヾ(*゚▽゚*)ノ.....Юカチャヾ(゚-゚o))))
'`ィ(´∀`∩ とりあえずの復帰ですw

何故、とりあえず・・・なのかと言いますと。
ここ最近デュエル離れをしていたせいで、どうにもこうにも頭が働かないのですil||li _| ̄|○ il||li
もう、歳ですかねw

まあ、徐々に勘を取り戻していこうとは思っています。
これが、スランプにならないことを願いつつ・・・w
posted by シルビア at 16:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

今日から秋休みw

さて、今日からシルビアは約1週間の秋休みに入ります。
その為、ブログの更新はしばらくの間ストップします。

最近、休んでばかりじゃないか!とか言わないでくださいねw
こう見えて、意外と多忙なのですww
ではではw
posted by シルビア at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

詰まる所・・・。

今、密かに騒がれているmac。
「これが最強」と各地で話題をさらっていますが、果たして本当にそうなのかどうか・・・。
私なりに、少し考えてみたいと思います。
(macの構成がわからない範囲での考察をするつもりですが、不備があったら訂正するのでご指摘ください。)

macvは1キルデッキです。
そして、そのうちvはVドラゴンを意味し、マッチを積極的に奪いにいくデッキです。
また、vを使用しないmacもありますが、こちらもTODという方法でライフ差でこちらもマッチを狙いにいきます。

つまりはどちらも1キルマッチ奪取デッキということ。
ただ、先攻を取ってTODで攻めるか、後攻からVドラゴンで攻めるかの違いがあるわけです。

このmacvにとって、最も脅威になるのがその他の1キルデッキ。
何故なら、macvは1キルデッキに先に1戦取られると、とても脆いからです。

自分がmacを使用している、0−1の状態から検証してみましょう。

macを使用している場合。
macはライフ差で勝利するデッキであることから、積極的に勝ちに行くデッキではありません。
仮に1−1に持ち込んだとしても、3戦目で先攻を取られて押し切られてしまう可能性が高いです。

更に、macvを使用している場合。
Vドラゴンの攻撃を通す為に、後攻を宣言しなければならない為、1キルを喰らう可能性が高いです。

つまり・・・、macは1戦目で勝負を決めることを想定としている為に、1戦目を取れない=マッチの負けの危険性があるハイリスクハイリターンなデッキなのです。
以上から、ジャンケンの勝ち負けを5分5分とすれば、今最強のデッキはおそらく「マッチが取れずとも、確実に1戦目を奪える1キルデッキ」であると私は考えます。

貴方がもし、最強デッキを作りたいのだとしたら、「成功する確率が少しでも高い1キルデッキ」を目指してください。
ただ、ゲームとしての面白さを求めるのなら、お勧めは出来ませんがw
何れにせよ、最終的な決定は、これを読んでいる貴方次第です。
posted by シルビア at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

気が早い考察w

今回の魔法使いストラクチャーは、今までのストラクチャーにはない良い作りになっています。
1000円で、ブレイカー、聖なる魔術師×2、月読命、ライボル、天罰等が入っているのだから、誰も文句なんてありませんよね。

そして、その優秀さは新カードにも顕著に表れています。
今回の3枚の新カードは、どれをとっても専用デッキを組めば、おそらくそれなりに使える範囲。
今日は、その中の1枚「マジックブラスト」について考察してみます。

マジックブラスト
通常魔法 SD6-018
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する時に発動することが出来る。
自分フィールド上魔法使い族モンスター×200ポイントダメージを相手に与える。
このカードが墓地に存在するとき、ドローフェイズにカードをドローする代わりに、このカードを手札に加えることが出来る。

このカードの真価は、ダメージソースとしてではなく、毎ターン回収出来るところにあります。
つまり、如何なる場合においても、墓地にこのカードが落ちてさえいれば、毎ターン魔法カードを手にすることが出来るのです。
しかしながら、このカードは単品ではアド損カード。
加えて、このカードを回収する為には、ドローフェイズをスキップしなければならないので、−1(ドロースキップ)+1(回収能力)=0と普通に使っていてはアドは一向に増えません。

このカードでアドを得る為には、ドローフェイズに一気に2枚以上を手札に加えることが必要になります。
(尚、これに関しては、現在調整中の為、出来るという前提で話をしますのでご了承ください。)
これによって、手札の枚数では優位に立つことが出来ますが、そこでちょっと待った!

手札が増えたとは言っても、このカード自体はアド損カード。
つまり、価値は何枚あっても0枚のカードです。
マジックブラストを上手く使いこなす為には、手札の枚数を利用する戦い方が必要なのです。

そこで、相性のいいカードを以下に挙げるので、参考にしてください。

手札抹殺
マジックブラストを使うデッキでは必須カード。
デッキの回転を早めると同時に、手札のマジックブラストの枚数によってはアドを得ることも出来ます。

メタモル・ポット
こちらも必須カード。
理由は上とほぼ同じです。

サイバー・ポッド
直接マジックブラストには繋がらないカードですが、デッキ回転を早める為には必要でしょう。

カオス・ポッド
如何に早くマジックブラストを墓地へ落とすかがポイントになるので、こういった選択肢もありです。

賢者ケイローン
ノーコストでサイクロンが打てます。
このカード自体の汎用性が高いので、オススメ。

マジック・ジャマー
ノーコストで魔法を止めることが出来ます。
ただ、マジックブラストを扱うデッキは遅いものが多いので、厳密な相性を問われると正直微妙です。

天罰
普通に使うと使いにくいカードですが、マジックブラストと一緒なら採用圏内です。
でも、↓のカードの方がいいかなw

サンダー・ブレイク
これもオススメの一つ。
マジックブラストが無くても、それなりに使えますので、入れておいて損はないです。

深淵の暗殺者
マジックブラストには関係の無いカードですが、上に挙げたカードから考えていけば、おそらくは必須カードです。

こんなところですね。
マジックブラストを使う上で注意すべきは、その展開力の遅さ。
序盤、墓地が肥える前に押し切られてしまわない工夫が必要です。
使いこなすのは、想像以上の難易度だと思われます。
ビルダーの皆さん、頑張ってくださいねw(←いつもにも増して、他力本願)
posted by シルビア at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

打て!打たなければ打たれるぞ!

モンスター(14)
黒魔導の執行官×2
ブラック・マジシャン×2
月読命
ならず者傭兵部隊
クリッター
サイバー・ポッド
ステルスバード×2
メタモル・ポット
闇の仮面
聖なる魔術師×2

魔法(19)
強欲な壺
早すぎた埋葬
ブラック・ホール
光の護封剣
月の書
レベル制限B地区×2
悪夢の鉄檻×2
おろかな埋葬×2
魔力の枷×2
ハリケーン×3
タイムカプセル×3

罠(7)
リビングデッドの呼び声
グラヴィティバインド−超重力の網−×2
死のデッキ破懐ウィルス
マジック・ジャマー×3

このデッキのダメージソースの大半は、黒魔導の執行官です。
執行官のダメージは通常魔法1枚につき1000なので、一見すると魔法カードが8枚必要な様に思えます。
ところが、要は8発発動すればいいということなので、ハリケーンで通常魔法を回収してしまい、複数回発動すれば実は4枚程度で致死量に達します。
ハリケーン自体が通常魔法であるということもありますしねw

加えて、それらの回収出来る通常魔法は概してバーンと相性が良いです。
ならば、執行官自体も何だかんだいってバーンカードなのだから、いっそのことバーンで組んでしまえ!というのがこのデッキのコンセプトになっています。

序盤、相手の動きを止めながら、タイムカプセルや聖なる魔術師でキーカードを補充します。
そして、致死量のダメージを与える準備が整ったら、執行官を特殊召喚し、そこからバブリーに通常魔法を連発してデュエルを頂きますw

まあ、ぶっちゃけてしまえば、魔力の枷があることを利用して相手のライフを調整しつつ、現世と冥界の逆転、鳳凰神の羽、神の恵みを積んでおけばマッチまで頂けたりするのですが・・・人道的に多少問題があるので、良い子は真似しないようにしてくださいねw
posted by シルビア at 06:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

頭の中はストラクチャー

'`ィ(´∀`∩
明日から、学校が始まるわけですが、何しろ遊びすぎていたもので、レポートに全く手をつけていないシルビアです。
その為、2、3日はブログ活動をを休止してレポート製作に当たりたいと思いますw

レポートの完成次第復帰しますので、予想より早くなるかもしれませんし、オーバーするかもしれません。
まあ、気長にお待ち下さいませませw
posted by シルビア at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

微妙デッキ考察w

魔法使いストラクチャーのリストがアップされましたね。
ある意味危険牌である強欲な壺が入っていないのは、もはや暗黙の了解。
それでもブレイカー、ライボル、天罰が入って1000円とは、なかなか太っ腹な気がします。

それにしても、ライボル、天罰等手札コストが必要なカードが多いわりには、手札強化カードが無いんですねw
リロード、護封剣、悪夢の鉄檻はアド減っちゃいますしww
これは、自滅しろということでしょうかw
まあ、ストラクチャーデッキをそのまま使うツワモノなんていないでしょうから、別にいいのかもしれないですけどw

ただ、個人的な希望を言えば、ライボルと天罰はいらないから、洗脳とリリーを入れて欲しかったなぁw
だって、ライボルは以前のストラクチャーに入っていましたし、天罰なんてそもそも使わないしww
まあ、今更文句を言っても始まらないので、マジックブラストを入れたデッキなんぞを構想してみますか。
いやいや、無理ですよ・・・とw
posted by シルビア at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。