2005年05月06日

一番上は長男♪

タイトルからも明白なように(?!)今日の考察はガジェット3兄弟ですww
ちなみに、どれが長男?とか聞かないようにw
調整中ですからww

グリーン・ガジェット
地 機械族 1400 600 ★★★★ LE6-JP001
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「レッド・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

レッド・ガジェット
地 機械族 1300 1500 ★★★★ LE6-JP002
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「イエロー・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

イエロー・ガジェット
地 機械族 1200 1200 ★★★★ LE6-JP003
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「グリーン・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

ガジェットの魅力・・・それは手札のモンスター切れがほとんど起こらないこと。
そして、召還するだけでアドを得る事が出来ること。
何気ないことですが、これは非常に大切なことです。

一部のデッキを除いて、相手にダメージを与える主な要員となるのはモンスター。
加えて、相手の攻撃を防ぐのもまた、モンスターです。
つまり、自分のモンスターを切らさずに、相手のモンスター切れを誘っていけば自然と勝利に近づくことが出来るわけです。
ガジェットは召還するだけでデッキからモンスターを手札に加えることが出来る為、「モンスター切れ」という状況を心配する必要がほとんどありません。
自分の心配をする必要がないのなら、相手の除去にとことん執着して、相手のモンスター切れを狙おうというのが、ガジェットデッキ。

攻撃力が低く、迎撃に向かないガジェット集団を守る為に積み込んだ炸裂装甲やグレイモヤ等で相手のモンスターをことごとく破壊。
相手がモンスター切れを起こしたところで、ガジェット3兄弟の痛〜い一撃をわき腹に入れる!
そして、また守備・・・。
モンスター=攻撃、魔法罠=守備というヒット&アウェイ戦法こそがガジェットの得意とする戦法なのです。

なのです、なのですが・・・実は召還→デッキからモンスター回収という能力を活かして、血の代償からリミッター解除でRPGもびっくりな10000越えダメージをぶち込むことも可能。
「勝ってナンボのファンデッキ」という思想をお持ちの方は、1ターンキルで友人関係のリミッターも外してみてはいかがでしょうか?
(当方では一切の責任を負いかねますw)
posted by シルビア at 00:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

コスト・コントロール

モンスター(18)
人造人間−サイコ・ショッカー−
氷帝メビウス
魔導戦士 ブレイカー
イグザリオン・ユニバース×2
アビス・ソルジャー×2
賢者ケイローン×2
同族感染ウィルス
異次元の女戦士
月読命
クリッター
深淵の暗殺者×2
聖なる魔術師×2
キラー・スネーク
魔法(16)
強欲な壷
天使の施し
早すぎた埋葬
強奪
大嵐
サイクロン
ライトニング・ボルテックス
手札抹殺
光の護封剣
死者への手向け×2
振り出し×2
愚かな埋葬×3
罠(6)
リビングデッドの呼び声
破壊輪
聖なるバリア−ミラーフォース−
サンダー・ブレイク×3

手札コストが必要なカードを、如何にしてコストを払わずに使うかに拘ったデッキがこれ。
手札コストが必要なカードが10枚以上含まれるこのデッキのキーとなるのは、言うまでもなくキラー・スネークと深淵の暗殺者の計3枚です。

序盤の出来るだけ早い段階に愚かな埋葬や手札抹殺、天使の施し等で上記の3枚を墓地に落とします。
種が集まったら、強力なコストカードを使い、相手のカードをことごとく除去し場を明け、そこへ上級モンスターや1800クラスのモンスターが痛い一撃を与える・・・というのがコンセプト。

また、終盤で引いた愚かな埋葬やモンスターがいない時の手向け&振り出し等は、ケイローンの餌になって頂くことで極力無駄を省いています。
そういった面でも、このデッキのコンセプトであるコスト・コントロールを満たしていると言えますね。

ただ、今まで述べたのはあくまで理想の形・・・。
序盤でキーカードが引けないと、まさに自分ハンデスとなります。
また、キングドラグーンが出てくるとデッキの大半が紙になり、サレンダー一歩手前・・・。

とは言え、決して弱いデッキではないので構築次第では化けるデッキと言えるのではないでしょうか。


尚、大会結果については近々載せますww
あまり期待しないで待っていてくださいww
posted by シルビア at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

開闢スタン(変異風味)

モンスター(18)
カオスソルジャー −開闢の使者−
人造人間 −サイコ・ショッカー−
天空騎士 パーシアス
魔導戦士 ブレイカー
イグザリオン・ユニバース×2
忍者マスターSASUKE
同族感染ウィルス
ブレイドナイト
異次元の女戦士
首領・ザルーグ
月読命
ならず者傭兵部隊
クリッター
ミスティック・ソードマン LV2
聖なる魔術師×2
キラー・スネーク
魔法(17)
強欲な壷
天使の施し
いたずら好きな双子悪魔
サイクロン
強奪
早すぎた埋葬
大嵐
抹殺の使徒
光の護封剣
ライトニング・ボルテックス
増援×2
突然変異×2
スケープ・ゴート×3
罠(5)
リビングデッドの呼び声
破壊輪
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
砂塵の大竜巻

サイドデッキ
デス・ウォンバット×2
ダーク・ヒーロー ゾンバイア
霊滅術師 カイクウ×2
抹殺の使徒
地砕き×2
王宮のお触れ×3
王宮の弾圧×3
砂塵の大竜巻

融合デッキ
色々・・・。

今日は大会用のメインデッキを載せてみようと思います。
メインデッキというのは名ばかりで、普段使っているのは一風変わったファンデッキばかりですがw

話は横道にそれましたが・・・。
さてさて、このデッキ・・・見ての通りのスタンダード。
しかも、今流行りの変異デッキに多少近づけた構成になっています。
シルビアは時代に流されやすい性格なんですねぇ・・・。
まあ、流行っているということは、それだけ安定して強いということで。
実際にこのタイプのデッキで、大会では何度か優勝も経験しています。
あ・・・決して自慢しているわけではないですよww

ただ、どれほど安定しているデッキと言っても弱点はあるわけで、今後の課題も兼ねて挙げていきたいと思います。

@変異が手札で腐ることが多い。
A攻撃力が低い。

主にこの2点でしょうか。
特にAの方に関しては深刻で、ゴリラが出てくると対処出来ないこともしばしばです。
そういった弱点を、ケイローン、炸裂装甲等で調整しながら、このデッキは今後も成長していくことでしょう。
これ以上話していると収拾がつかなくなりそうなので、とりあえず今日はこの辺でww


あ・・・ちなみに、このデッキで29日(金)の大会に出場する予定ですので、結果は追って報告します。(たぶんねw)
果たしてどこまで行けることやらww
posted by シルビア at 01:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。