2005年10月05日

ばよえ〜ん!

今日は、デュエルにおける連鎖について。
デュエルをする上で大切なことは、如何にして自分の流れに持っていくかです。
そして、その為に意識する必要があるのが、連鎖。

連鎖はプレイングと並んで、デュエルにかかせないものです。
しかしながら、この連鎖を自分でも気づかぬうちに使っている人はいるにせよ、これを研究している人はそうそう見かけません。
そこで、連鎖を軽く紹介することで、詳しく研究してくれる人が現れることを願って、簡単ではありますが説明することにしました。
(↑'`ィ(´∀`∩他力本願ですw)

連鎖とは、あるカードを使用することで、後々のカードや場に展開されているカードに間接的に効果を及ぼすこと。
これは、コンボと混同されがちですが、全く別のものです。

コンボは、それらのカードを組み合わせて使うことを前提に、デッキに組み込むこと。
しかし、それらは概して1枚では力不足のことが多いです。
例えば、アロマチェインの魔封じの芳香や魔力の枷も、単体では使いづらいですよね。

これに対し連鎖は、1枚の役割はしっかり果たしておきながら、間接的にその他のカードにも効果を及ぼします。

例えば、マジック・ドレイン。
これは単体で使っても、簡易魔法ストッパーとしての役割はしっかり果たします。
しかしながら、更に効率的に使う方法として、2枚以上続けて使うことが考えられます。

つまりこういうことです。
マジック・ドレイン使用→相手が魔法カードを捨てる→2枚目のマジック・ドレインが通りやすくなる。
マジック・ドレイン使用→相手が魔法カードを捨てない→相手が魔法カードを持っていない可能性が高いので、2枚目のマジック・ドレインが通りやすい。

このように、マジック・ドレインは複数枚使うことで、真価を発揮出来るのです。
これ以外にも、マインドクラッシュで相手の手札を見ることで、次のマインドクラッシュへ繋げやすくすることなども連鎖の一つです。
連鎖を積極的に考えていけば、デッキ構築にも影響を及ぼすのですね。

デッキ構築に連鎖が組み込まれている、典型的な例がガジェットデッキ。
ガジェットデッキは、モンスター切れを起こさないことを前提に組まれたデッキですが、それをサポートしているのが豊富な除去カードです。
つまり、これらのカードを如何にピンポイントで引けるかが、鍵になってきます。
その確率は、単純に運に左右されると思いがちですが、実際はそうではありません。
どういうことでしょうか?

実はガジェットデッキは、ガジェットを積極的にデッキから回収していくことでデッキの回転を早くし、結果として除去カードを引きやすくしているのです。
これは、ガジェットの効果を利用して生まれた連鎖です。
ガジェットデッキが強いと言われる所以は、連鎖を上手く活用している点からも納得出来ますね。

連鎖は、デッキ構築にも、プレイングにも非常に大切なことです。
しかし、これを極めようとすると、かなりの数学力と頭の回転が必要になります。
数字というものから、かれこれ5年以上も離れているシルビアには少々荷が重すぎるので、この辺りで筆を置きたいと思いますw
posted by シルビア at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何せlimがわからない人だもんなシルビア氏はww
Posted by ヤタロック at 2005年10月06日 02:39
理解出来ないのではなく、納得出来ないのですw
勘違いしないようにw

limと虚数は永遠の謎ですil||li _| ̄|○ il||li
Posted by シルビア at 2005年10月06日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。