2005年09月24日

詰まる所・・・。

今、密かに騒がれているmac。
「これが最強」と各地で話題をさらっていますが、果たして本当にそうなのかどうか・・・。
私なりに、少し考えてみたいと思います。
(macの構成がわからない範囲での考察をするつもりですが、不備があったら訂正するのでご指摘ください。)

macvは1キルデッキです。
そして、そのうちvはVドラゴンを意味し、マッチを積極的に奪いにいくデッキです。
また、vを使用しないmacもありますが、こちらもTODという方法でライフ差でこちらもマッチを狙いにいきます。

つまりはどちらも1キルマッチ奪取デッキということ。
ただ、先攻を取ってTODで攻めるか、後攻からVドラゴンで攻めるかの違いがあるわけです。

このmacvにとって、最も脅威になるのがその他の1キルデッキ。
何故なら、macvは1キルデッキに先に1戦取られると、とても脆いからです。

自分がmacを使用している、0−1の状態から検証してみましょう。

macを使用している場合。
macはライフ差で勝利するデッキであることから、積極的に勝ちに行くデッキではありません。
仮に1−1に持ち込んだとしても、3戦目で先攻を取られて押し切られてしまう可能性が高いです。

更に、macvを使用している場合。
Vドラゴンの攻撃を通す為に、後攻を宣言しなければならない為、1キルを喰らう可能性が高いです。

つまり・・・、macは1戦目で勝負を決めることを想定としている為に、1戦目を取れない=マッチの負けの危険性があるハイリスクハイリターンなデッキなのです。
以上から、ジャンケンの勝ち負けを5分5分とすれば、今最強のデッキはおそらく「マッチが取れずとも、確実に1戦目を奪える1キルデッキ」であると私は考えます。

貴方がもし、最強デッキを作りたいのだとしたら、「成功する確率が少しでも高い1キルデッキ」を目指してください。
ただ、ゲームとしての面白さを求めるのなら、お勧めは出来ませんがw
何れにせよ、最終的な決定は、これを読んでいる貴方次第です。
posted by シルビア at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MACVのレシピはYPRの『ORENGEさん』と『わっさん』のブログに書いてありますよ〜
Posted by varon at 2005年09月24日 08:59
気を使って考察を書いた直後に公開とはww
今更嘆いても仕方ないですねw
Posted by シルビア at 2005年09月24日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。