2005年07月17日

一歩も譲る気はありませんw

地砕き
通常魔法 EE2-JP094
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。

とあるカードショップでこのカードの強さを宣伝しまくっていたせいで、「地砕き」というニックネームを付けられるハメになったシルビアです。

サンダーボルトやブラックホールといった大型除去が軒並み姿を消した今、それに代わる除去カードを探すことが必要となっています。
そして、その代用としての役割を担って活躍しているのが、炸裂装甲、落とし穴、サウサク等ですね。
確かにこれらの除去カードは優秀ですが、実はそれぞれ致命的な弱点があります。

まず炸裂装甲の場合。
このカードは除去に非常に弱いです。
サイクロン、大嵐といったカードには勿論のこと、ブレイカーにまで破壊されいとも簡単にアドを取られる危険を秘めているのです。
発動出来れば最高のモンスター除去なのですが、そこに至るまでが一苦労なのが頂けませんねw

これに対して、若干融通を効かせたのが落とし穴。
上で炸裂装甲の弱点に挙げたブレイカーに対する打たれ弱さは、誘発効果にチェーンすることで回避出来ます。
とは言え、それ以外の除去カードに弱いのは相変わらず・・・。
更に、特殊召還に対応していない上に、既に場に出ているモンスターにはお手上げなのも痛いところです。

さて、そういった上の2つとは、若干異なるのがサウサク。
これは、モンスター除去としては最高峰のカード。
とりあえず、優先権で1体は確実に吸収出来ますし、更に月読命との併用で、使い回しも可能。
加えて、表裏を問わずに除去出来るとあれば、ぶっちゃけこれが最強なのでは?

・・・と思ってしまいがちなところですが、勿論サウサクにも弱点があります。
それは、攻撃に繋げ辛いこと。
炸裂装甲や落とし穴は、相手モンスターの除去から返しのターンに攻撃に転じることが出来ますが、サウサクの場合、自身のロック効果で場を硬直させてしまいます。
手札に月読命があればいいですが、そうそう上手くは揃わないもの。
時間がかかるということは、相手の手札を充実されることにもなるわけで、よく考えずに使うと自滅する可能性すら秘めている、プレイングの難しいカードなのです。
加えて、サウサクを出す為には最低でも2枚のカードが必要になることから、使いやすさという点ではどうにも疑問の残るカードです。

と、前置きはここまで。

お待たせ致しました。
ここで地砕きを振り返ってみましょう。
このカードはほぼ狙い通りにモンスターを破壊出来る上、魔法カードなのでその効果を無効化されにくいです。
今の環境では、せいぜいカウンター出来るのは神の宣告と月の書くらいでしょう。
月の書に関しては、上記の3枚も同様に弱点ですので、このカードが使いにくい理由にはなりませんね。

とりあえず、「ライトニング・ボルテックスを入れるくらいなら、こちらを入れておきなさい」というのが、正直な感想。
使ってみればわかりますが、このカードは想像以上に強力です。
今後一層除去カードが減っていくことが予想される中では、地砕きも大いに採用圏内となる可能性を秘めているのではないでしょうか?

(炸裂装甲や落とし穴に比べて速効性に劣るというのは言わない約束ですよw)
posted by シルビア at 05:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弱点挙げちゃった。
まぁそれでもかなり強力なのは確かか・・・
炸裂と地砕きが入っていればかなり除去力あるしね。
Posted by 鳳凰天駆 at 2005年07月17日 12:20
そうですねw
とりあえず、アドでは得を出来るカードなので、入れておいて損はないですね。
Posted by シルビア at 2005年07月18日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。