2005年06月22日

コスプレ第2弾

好評につき(?)第2弾です。

遊戯王等のカードゲームは対人戦である為、戦闘自体はフィールドで行われていても、それを操るのは他でもない人間です。
当然ですねwカードは人間の頭で考えた結論に従って、場に展開されるわけですから。

では、その人間を操るのは一体何でしょうか?
それは「心理」・・・頭の中で考えを巡らせて最良の手を探し、それをプレイするまでの経過です。
つまり、人は考えなしにはカードをプレイ出来ず当然勝つことなど出来ません。
そこを突いてやろうというのが、狡いプレイング・・・コスプレです。

狡いプレイングそのC
『三味線』
分かりやすく言うと、嘘です。
ルールで公開情報とされているものに関しての嘘は反則となりますが、それ以外のものについては特に制限をされていません。
例えば、自分の場に精霊の鏡が伏せてある状態で、相手が聖なる魔術師を反転した時。
もし、そんな場面で相手がサイクロンと天使の施しのどちらを回収しようか迷っていたとしたら・・・?
自分としては天使の施しを回収して欲しいわけですが、ストレートに「施しを回収して」等と言っては相手が怪しがるかもしれません。
そんな場合はこう言いましょう。

「やっぱり聖なる魔術師とドロー系のコンボは強いですね」

この一言で、相手は恐らく天使の施しを回収するはずです。
そして、回収した天使の施しを発動したら、笑顔で精霊の鏡を反転してあげましょう。
三味線の基本は「怪しまれない程度に、確実に」です。

狡いプレイングそのD
『スローダウン』
フリーデュエルと違って、公式大会では制限時間というものがあります。
これは大会を円滑に進行する為のものであり、いかなる状況においても制限時間を越えてデュエルを続けることは出来ません。
制限時間が終わった時点で、勝利数の高い方が勝利者となり、同じ場合はライフポイントで決定します。
つまり、相手の手札が20枚、場に開闢とショッカーがいて、自分の手札を場が0であったとしても、ライフポイントで勝っていればこちらの勝利になるのです。
ならば利用しない手はありませんよね?

横目で時計をチラチラ見つつ、相手と自分の墓地を相互に確認して時間を稼ぐのです。
あまりやりすぎると注意をくらいますので節度を守る必要はありますが、自分の手札が1枚でもある場合なら相手はそう不審には思わないでしょう。
ただ、これはお互いにストレスの溜まるプレイでもありますので、どうしようもない場合を除いてはあまりオススメ出来ませんが・・・w

狡いプレイングそのE
『透視』
超能力を使えというわけではありませんw
例えば、スピリットモンスターやキラースネーク等、相手の手札に戻るモンスターやサーチ、回収したカードについて。
これらは一般的に相手に有利に働くカードですが、逆にそれを利用するプレイングがあります。
相手の手札に加わるということは、相手の手札が1枚見えているということ。

手札に入ったカードの場所さえ覚えておけば、相手のプレイが手に取るようにわかります。
例えば、キラースネークを伏せたということは、手札にモンスターがいる可能性が低いということ。
月読命を伏せた場合もまた同様です。

また、いたずら好きな双子悪魔や首領ザルーグの効果を使う際も、相手の手札の場所を覚えておくことでキラースネークを避けたり、ピンポイントで嫌なカードを落としたりすることも可能。
クリッターが復活し、聖なる魔術師や月読命が全盛期の今、透視は確実に非常に有効なプレイングです。


ルールの穴や相手のプレイングの癖を突くことは、遊戯王の世界では必須テクニック。
どんなに強力なカードも、その穴をつくことで紙同然になるとしたらこのテクニック、身につけてみたいとは思いませんか?
posted by シルビア at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(プレイング理論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。