2005年05月30日

新型スタン

モンスター(19)
カオスソルジャー −開闢の使者−
ネフティスの鳳凰神
人造人間 −サイコ・ショッカー−
天空騎士 パーシアス
ダーク・ヒーロー ゾンバイア
魔導戦士 ブレイカー
イグザリオン・ユニバース×2
忍者マスターSASUKE
同族感染ウィルス
異次元の女戦士
首領・ザルーグ
月読命
ならず者傭兵部隊
クリッター
ミスティック・ソードマン LV2
ネフティスの導き手
聖なる魔術師×2
キラー・スネーク
魔法(16)
強欲な壷
天使の施し
いたずら好きな双子悪魔
サイクロン
強奪
早すぎた埋葬
大嵐
抹殺の使徒
光の護封剣
増援×2
突然変異×2
スケープ・ゴート×2
罠(5)
リビングデッドの呼び声
破壊輪
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
砂塵の大竜巻

サイバー・ツイン・ドラゴン(以下ツイン)・・・恐らくCVR一番の壊れカードと言ったらこれでしょう。
サイバー・エンド・ドラゴンもかなりの壊れカードですが、使いやすさや安定性を重視すればツインには及ばないですね。

とにかくツインは強力です。
実質攻撃力は5600でありながら、2回攻撃という反則的能力の為、中途半端な壁モンスター等もはや敵ではありません。
リミッター解除なんかを使わずとも、攻撃が通りさえすれば軽くデュエルを得る程度の力は持っています。
それならば、そんな強力なカードを使わない手はないという発想から産まれたのが、この新型スタン。

ツインは開発部のミスではないかとすら思われる、あってないような制約により突然変異でいとも簡単に場に出すことが出来ます。
唯一問題となるのは、その突然変異の媒体・・・。
いくらツインを出したいと言っても、☆8を何枚もデッキに入れることは、事故誘発の原因になります。
かと言って、その数を少なくすれば、いざという時にツインに繋げることが出来ません。
つまり、ツインに効果的に繋げる媒体モンスターには、以下の条件を満たしていることが望まれるわけです。

@特殊召還に制限が無い。
A簡単に手札やデッキから出すことが出来る等、事故の軽減が図られている。
Bサーチ出来る。
C単体でも十分に強い。

いやいや、そんな都合のいいカードなんてあるわけないと思いきや・・・。
ん?それならネフティスでいいのでは?とこういうわけですw
ネフティスなら、導き手によって簡単にサーチが出来る上、単体でも十分過ぎるほどの強さ。
その為、序盤はネフティスでペースを掴んでから、トドメはツインという様に使い分けることが出来ます。
それだけの効果持っていながら、その上蘇生制限無しと言うことなしですねw
もぅ〜、そんなに優秀なカードなら、投入するしかないじゃんww

・・・という経緯を経て、このデッキは出来上がったわけです。
まあ、さすがに上級が4枚も入っているので重くないわけはないですが、そこはプレイングとディスティニードローでカバー(?!)
4枚程度で音を上げていたら、12帝なんて夢のまた夢ですよw
夢と浪漫を追求する漢シルビアは、開闢の起動効果からツインでトドメという新たな野望へ向けて今飛び立つのであります!!
posted by シルビア at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネフはキツイ。絶対いつか事故る。

貫通でも持っててくれたら良かった。
欲を言えば導き手自体も単体で使えるくらいの性能があったら最高だった。

ロマンはありますよ。
でもツインは開闢からで安定かな。

自分は、ネフ入れるくらいならソーサラーとサイドラあたりでも入れます。
Posted by ZIN at 2005年05月30日 02:18
ネフティスが貫通持ちだったら鬼ですよww
私的には、あれだけのサーチ性能があれば導き手にこれ以上を求めてはいけないような気もしますが・・・まあ、その辺りは人それぞれといったところでしょうかw

ソーサラーいいですね。
私も、昔は入れていましたよw
今は、苦渋が禁止になってしまったので少々苦しいですけど、それでも優秀なことには変わりないですからね。
Posted by シルビア at 2005年05月30日 17:29
ちなみにこのデッキの勝率はいかほどですか?
Posted by ヤタロック at 2005年05月30日 21:41
実は勝率自体はあまり変わらなかったり・・・w
まあ、今までのデッキと比べてもそこまで大きく変わってるわけじゃないから、勝率も動かないというわけですww
ただ、確実にツインは出しやすくなってますけどね。
Posted by シルビア at 2005年05月31日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。