2005年09月04日

避けて通れない道・・・。

新制限の環境がスタートして、今最も旬と呼べるガジェットデッキ。
恐らく、こんかいの制限改定でガジェット使いは飛躍的に増加するでしょう。
ということは、大会等ではガジェットデッキ同士のミラーマッチも大いに予想されるわけで、その対策をしているか否かで勝敗に大きく関わってきそうです。
今日は、対ガジェットデッキを想定した新型ガジェットデッキを考えていきたいと思います。

まず、ガジェットデッキにおいて核となるのが、10枚程度は入っているであろう優秀除去罠群。
ガジェットデッキには必須となっているこれらのカードを、思い切って全て抜いてしまいます。
その代わりに投入するのは、罠カードのメタとなる王宮のお触れを3枚。
更に炸裂装甲や落とし穴のメタに撲滅の使徒も積んでおきましょう。
これで相手の罠カードは全て完封出来ます。

更に念の為に神の宣告も3枚積んでおきます。
以上6枚で罠カードはお終い・・・迎撃カードは、ここまでほぼ皆無と言ってもいいです。

では、その迎撃カードの穴を何で埋めるのかというと、速攻魔法群。
つまり収縮と突進、それから月の書ですね。
これらを合わせて5、6枚程度積んでおけばいいでしょう。
迎撃カードは以上で全てです。

勿論普通のガジェットデッキであれば、これだけの迎撃カードではまず足りません。
しかし、新型ガジェットデッキには、これだけでも事足りるだけの工夫があるのです。

ガジェットデッキに迎撃カードが必要なのは何故でしょう?
それは、ガジェット自体が戦闘ではほぼ無力である為。
ならば、ガジェットだけに頼らないガジェットデッキを作れば、迎撃カードの枠を割けるのではないでしょうか?
そう、このデッキはガジェットを6枚に抑えることで、戦闘に耐性を持たせているのです。

ところが、そうなると気になってくるのが、手札のモンスター切れ。
ガジェットデッキの利点はモンスターが絶え間なく出てくることであって、それが欠落してしまうようでは本末転倒です。
その為、戦闘に強いモンスターを都合よく手札に補充する工夫が必要です。
はいwもう勘のいい方はお気づきですねw

そうですw「増援」がその役に適任なのです。
戦闘に強いDDアサイラント、罠耐性の強いワイルドマン、ハンデス効果を持った首領・ザルーグ等、状況に応じてモンスターを補充することで、戦闘耐性を飛躍的に上げることが出来るのです。

というわけで、デッキレシピを公開したいのですが・・・。
私自身もまだ実際に組んだわけではないので、それはまた別の機会にしたいと思いますw
ドロンッ!
posted by シルビア at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(デッキ考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。