2005年05月02日

アンチ除外は永久に不滅です

砂漠の光
通常罠 EE2-JP219
自分フィールド上に存在するモンスターを全て表側守備表示にする。

あまり注目されていないこのカード。
人によっては、名前を聞いただけでは「どんな効果だっけ?」と首を傾げるかもしれません。
しかし、こういうカードほど使ってみると意外と強かったりするんですよねw

主な使い用途は、自分のリバースモンスターの確実な効果発動。
相手が抹殺の使徒を使おうが、ならず者を優先権で使おうが、このカードさえ伏せてあればリバース効果を確実に発動できます。
その点で、強制脱出装置と似た位置付けと言えますね。

それなら太陽の書でいいのでは?と思うかもしれません。
確かに太陽の書には、速効性があり、そういった意味では太陽の書に軍配が上がります。
しかし、このカードには太陽の書にはない魅力がいくつかあるのです。

1つは、相手の裏守備除去カードを無駄打ちさせる点。
上で述べた2枚等にこのカードをチェーンすれば、実質相手は効果を無駄打ちしたことになります。
その結果、他のリバースモンスターが守りやすくなるのです。
またリバース効果とは、基本的に速効性を必要とするものは少ないので(デッキ構成にもよりますがw)チェーン出来る砂漠の光の方が相性が良さそうですね。

そしてもう1つ、全てのモンスターに効果が及ぶ点。
サイバーポッドやカオスポッドの効果発動後等、モンスターが並んでいる時に一気に効果を発動することが出来ます。
相手に奇襲をかけることが出来ますね。

どうですか?
意外と面白いカードだと思いませんか。
機会があれば、このカードを採用したデッキも紹介したいと思います。

それにしても、注目されていないカードほど、意外な使い道があったりするんですねぇww
色々検索してみようかなww
posted by シルビア at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王(カード考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。